複数のペットフードを徹底比較「Exciteペットフード比較」

【国産で安全な猫の餌】評判の日本製キャットフードランキング5選!

先進国では人間の食事並みに安全なキャットフードが開発されていますが、より安全性を考慮して国産にこだわる飼い主さんも増えています。

しかし、国産のキャットフードだからと言って絶対に安全とは言い切れません。信頼のおける日本製でも、危険な原料を使った低品質なキャットフードがあるからです。

そこで当サイトでは、国産キャットフードについて選び方のポイントや外国産との違いをまとめてみました!その上で、本当におすすめできるキャットフードをランキング形式で紹介していきます。

おすすめの国産キャットフードの選び方!

まず初めに、国産キャットフードについて選び方のポイントを見ていきましょう。例え国産でも、以下のポイントを満たしていないものは安全なキャットフードとは言えません。

人工添加物が入っていない(無添加)

人工添加物とは、保存料や着色料など人の手によって作られた化学物質のことで、風味付けや品質保持のために多くのキャットフードに使われています。

しかし、こうした添加物は猫にとって百害あって一利なしの不要な成分です。毎日摂り続けると体内に蓄積されて、病気やアレルギーを起こす原因にもなりかねません。

また、日本のペットフードに関する安全基準は先進国でも後れを取っており、海外では禁止されている成分が日本では使用されていることもあります。

こうした現状をふまえて、危険な成分が入っていないかしっかり確かめてから選びましょう!

危険な添加物の例

酸化防止剤(BHA、BHT、エトキシン)、着色料(赤色○号、青色○号、黄色○号)、保存料(ソルビン酸カリウム)、防腐剤(安息香酸類、ポリリジン、亜硫酸ナトリウム)、香料、調味料など

良質なタンパク質が豊富に含まれている

キャットフードは、筋肉や血液のもとになる動物性タンパク質が豊富なものが理想です。しかし、本当に新鮮な肉や魚が使われているものはわずかしかないのです。

特に「副産物」と言って、動物の体から肉部分を除いた粗悪な部位が含まれているものは、とてもじゃないですが安心とは言えません。

なので、愛猫の食事は人間と変わらない食材(ヒューマングレード)を使ったキャットフードを選びましょう!

危険な原料の例

ミートミール、獣脂ミール、チキンエキス、フィッシュエキス、ツナエキス、コーングルテンミール、魚副産物、肉副産物、肉粉、肉骨粉、魚粉

毎日続けやすい価格であること

スーパーで売られている生鮮食品と同様に、キャットフードも国産だと相場より割高なものが多いです。

安全な国産原料を使用していれば仕方ない部分もあるのですが、毎日消費するものですからあまりにも高価だと続けやすいとは言えません。

当サイトでは海外産も合わせて150種類以上のキャットフードを調査したところ、100gあたり200円~300円のものが多かったです。

それ以上になると家計が苦しくなりますし、反対に安すぎても不安になりますから、価格と内容のバランスが取れているかどうか見極めましょう。

人気の国産キャットフード15種類を徹底比較!

当サイトでは150種類以上のキャットフードを比較しているのですが、その中でも特に人気のある15種類のキャットフードを比較してみました!

先程のポイントを踏まえると、今回比較する項目は「価格」「原材料の安全性」「添加物」の3つです。詳細が分かるものに対しては「〇%」と明記しています。それでは、実際に見ていきましょう!

商品名 価格 原材料の安全性 危険な添加物
jpスタイル
132円
ミートミール、チキンミール、小麦全粒粉、コーングルテンミール、中白糠、ホミニーフィード、小麦粉、動物性油脂、削り節ミール

ビートパルプ
プロステージ
163円
ポークミール、チキンミール、動物性油脂、チキンエキス

香料(ローストガーリックオイル)
ドクターズケア
203円
トウモロコシ、コーングルテン、フィッシュミール、動物性油脂、トウモロコシ胚芽、ミートミール、フィッシュエキス

塩素
ビューティープロ
70円
トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉、牛肉粉、チキンミール、動物性油脂

pH調整剤
ミャウミャウ
89円
とうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉、ビーフミール、魚粉、フィッシュエキス、動物性油脂

無添加
ミオ
42円
トウモロコシ、コーングルテンミール、小麦粉、パン粉、チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、動物性油脂、カツオエキス、脱脂大豆

pH調整剤、着色料(食用赤色102号、食用黄色5号、食品青色1号)
VISIONS
335円
フィッシュミール、小麦粉、コーンフラワー、コーングルテンミール

無添加
マザーnyan
242円
小麦粉、大豆・とうもろこし

発酵調味液
いなば
40円
とうもろこし、小麦粉、コーングルテンミール、ふすま等、牛脂

セルロースパウダー
無添加キャットフード安心
425円
無添加
ねこひかり
396円
無添加
ランフリーキャット
450円
無添加
ねこままちょいす
288円
無添加
日本のみのり
428円
牛肉粉、ビーフエキス、魚粉

無添加
ねこはぐ
265円
無添加
※価格は100gあたりの計算で表示しています。

こうして比較してみると、同国産のキャットフードでも全てが安全ではないことがわかりました。人間の食品と違って、国産=安全という訳ではないんですね…。

また全体的に、100gあたり100円以下の安いキャットフードは特に危険なものが多かったです!コスパ重視の商品は、穀物や「○○ミール」など安い原料ばかり使われています。

そのうえ着色料や塩素など、本来猫が絶対口にしないような添加物が含まれているものもありました。本当に猫の健康を考えて作られたものなら、こうした添加物が使われていること自体がおかしいですよね。

このようにキャットフードの品質は商品によって異なるので、飼い主さんはしっかり内容を見極めなければいけません。では、本当に安全な国産キャットフードは一体どれなのか?ランキング形式で紹介していきます。

おすすめの国産ドライキャットフードランキング5選!

評価の基準

ランキングをにつくるにあたり、まずは「価格」「原材料の安全性」「無添加」を重視して評価しています。

その上で、食べやすさ、栄養バランス、消化の良さ、続けやすさなども評価項目に入れてみました!

ねこひかり
ねこひかりの特徴
ねこひかりは、国産の原材料を使用した自然派のキャットフードです。遺伝子組み換え原料や小麦粉など猫にとって危険なものは一切使わず、ヒューマングレードの原材料から作られています。全猫種・全世代対応なので、子猫や老猫にも安心して与えることができます。
価格 【通常】2,480円
【定期】1,980円(3回目以降10%、6回目以降15%割引)
内容量 500g
100gの価格 396円
評価 3.8
編集部からのコメント
ねこひかりはヒューマングレードの安全な食材から作られているので、高品質なキャットフードだと言えます。また、大麦や玄米などの穀物は、全てパウダー状に加工されているので胃腸に負担がかかりません。原材料の産地が全て明記されているなど、国産ならではの安心感が感じられるのも魅力ですね。
無添加キャットフード安心
無添加キャットフード安心の特徴
無添加キャットフード安心は「猫が一生食べ続けても安心な食事」として、安全性の高いヒューマングレードの素材から作られています。また、キャットフードでは珍しく抗菌剤を一切使用していないので、腸内の乳酸菌が殺菌されることなくどんどん増えてお通じが良くなります。
価格 1,700円
内容量 400g(給仕量が半分なので一般フードの800g分に値する)
100gの価格 425円
評価 3.8
編集部からのコメント
無添加キャットフード安心は、名前の通り猫が一生食べ続けても安心できる、無添加の餌を追求して作られたものです。抗菌剤不使用なので腸内環境を整えて乳酸菌の数を増やします。ただ、食べ過ぎると下痢を起こす可能性があるので、給餌量は一般的なキャットフードの半分までと決められています。そのため、食いしん坊な猫ちゃんにはやや不向きです。
ランフリーキャット 桜姫鶏
ランフリーキャット 桜姫鶏の特徴
ランフリーキャットは、国産の桜姫鶏をたっぷり使用した完全無添加のキャットフードです。完全受注生産で注文を受けてから手作りするので、粒のサイズやグラム数など複数のパターンから愛猫に合ったものを選ぶことができます。必須アミノ酸や不飽和脂肪酸など、健康サポート成分もしっかり含まれているので安心です。
価格 648円/4,000円/21,600円
内容量 100g/800g/4.8kg
100gの価格 648円/500円/450円
評価 3.7
編集部からのコメント
ランフリーは他では珍しい完全受注生産方式で、粒の大きさや量など愛猫に合わせて注文できるオーダーメイドのキャットフードです。大量生産の粗悪な商品とは対照的に、注文を受けてから真心を込めて手作りされるので、手作り食並みにしっかりと手間がかけられています!
ねこままちょいす
ねこままちょいすの特徴
ねこままちょいすは、国産かつ無添加にこだわって作られた自然派のキャットフードです。原料の安全性はもちろんですが、総合栄養食として栄養バランスも非常に優れています。ノンオイルコーティングですが、素材の風味が存分に出ているので、食いつきの良さも口コミで評判です。
価格 【通常】1,600円
【会員】1,520円
【定期】1,440円
25gお試しパックは91円
内容量 500g
100gの価格 288円
評価 3.5
編集部からのコメント
ねこままちょいすは、新鮮な国産の肉と魚をたっぷり使用した栄養満点の総合栄養食です。メインである肉や魚の割合を増やすことで、猫が本来必要としている栄養をしっかり摂ることができます。ただ、若干カロリーが高いので、7歳以上の高齢猫はシニア用を選ぶのがおすすめです!
ねこはぐ
ねこはぐの特徴
ねこはぐは、ヒューマングレードの素材だけを使用した安全国産キャットフードです。猫にとって危険な人工添加物などは一切使わず、国産若鶏や国産野菜を贅沢に使用しています。また、小麦粉なども入っていないので、アレルギー体質の猫でも安心です。
価格 【定期購入】3,980円(カード決済で3,480円)
 2回目以降ずっと5,980円
【通常価格】6,980円
内容量 1.5kg
100gの価格 265円
評価 4.1
編集部からのコメント
ねこはぐは、今回当サイトで比較した42種類の国産キャットフードの中で最も安全性が高いものです。全ての食材がヒューマングレードという徹底して安全性にこだわっており、口コミでも人気が広まっています。無添加はもちろんですが「動物性油脂」など嗜好性を高めるオイルも不使用で、まさに極上品質だと言えるでしょう。
※ ねこはぐは2019年12月で販売終了になりました。

販売終了

国産キャットフード目的別おすすめ商品を紹介!

こちらでは、国産キャットフードについて一般的な知識やおすすめ商品を紹介してきましたが、猫の年齢や体重、体質が変われば選び方も異なります。

そこで、目的別に国産のキャットフードでおすすめの商品をまとめてみました!

国産で子猫も食べられるキャットフード

選び方のポイント
  • 動物性タンパク質が30%以上含まれている。
  • 小粒で食べやすい。
  • 人工添加物が使われていない。
  • 小麦粉など消化に悪い穀物が使われていない。

おすすめ商品

無添加キャットフード安心

生まれたてから1歳になるまでの子猫は、体を大きくするために沢山の栄養が必要です。

アメリカのペットフード機関AAFCOによれば、幼猫期・成長期には動物性タンパク質が30%以上含まれているキャットフードが理想とされています。

また、成猫に比べて胃腸の機能が弱い子猫には、人工添加物や小麦粉など消化に悪い穀物が使われていないものがおすすめです。

国産で安いキャットフード

選び方のポイント
  • 100gあたり300円以下のキャットフード

おすすめ商品

ねこままちょいす

材料費や人件費などの関係で、国産キャットフードは海外産に比べてやや割高です。そのため、最初は国産にこだわっていたけど途中で外国産に切り替えてしまう飼い主さんが多いんですね。

しかし、ねこままちょいすは100gあたり288円と外国産と変わらない価格でコスパも高く評価できます。ネット通販に特化するなど、原料以外の部分でコストダウンを徹底しているメーカーの努力の結晶です。

国産にこだわりたいけどコスパも重視したい飼い主さんにはぴったりですよ!

国産でダイエット向きのキャットフード

選び方のポイント
  • 100gあたり400kcal未満のキャットフード
  • 高タンパク・低脂質

おすすめ商品

ランフリーキャット桜姫鶏

体重が気になる猫には、100gあたり400kcal未満高タンパク・低脂質なキャットフードが理想です。

今回比較した中では、ランフリーキャット桜姫鶏がこの条件に当てはまります。取り分けタンパク質の含有量が多いのでランフリーキャット桜姫鶏はおすすめです!

ウェットタイプの国産キャットフードでおすすめは?

商品名 原材料
無一物 まぐろ
まぐろ
何も入れないまぐろだけの「たまの伝説」
まぐろ、ビタミンE

これまで国産のドライキャットフードについて紹介してきましたが、ウェットタイプなら「無一物」と「たまの伝説」がおすすめです!

ひとつは、コーンの缶詰で有名なはごろもフーズの「無一物 まぐろ」です。原材料は国産マグロのみなので、添加物や危険な原料は一切使われていません。

そしてもうひとつは、静岡の三洋食品が開発した「何も入れないまぐろだけの『たまの伝説』」です。国産マグロとビタミンEだけで作られており、こちらも無添加で安全な缶詰です。

ただ、元々ウェットフードはドライフードの補助食という位置付けなので、主食はあくまでもドライフードを与えてくださいね!

キャットフードは「国産=安心」「外国産=危険」とは限らない!?

商品名 産地 原材料の安全性 無添加
モグニャン
イギリス
ヒューマングレード

無添加
オリジン キャット&キトゥン
アメリカ
ヒューマングレード

無添加
ギャザー キャットフリーエーカー
カナダ
安全

無添加
アーガイルディッシュ ワトルキャット
オーストラリア
安全

無添加
ファインペッツ
オランダ
ヒューマングレード

無添加
ねこはぐ
日本
ヒューマングレード

無添加

人間の食事と同じで、キャットフードも国産が安全と思われがちですが、実は必ずしもそうとは限りません!

実際、上の表のように外国産のキャットフードでも、国産並み、もしくはそれ以上に安全な商品が数多く存在します。

特にアメリカやヨーロッパなどの先進国では、街の公園に犬専用のゴミ箱が設置されるなど、国を挙げてペットと共生するための政策を打ち出しているほどです。

また、イギリスは日本よりもペットフードの安全基準が厳しいと言われており、人間の食品と変わらない清潔な環境で製造されています。

安心と思われがちな国産のキャットフードでも危険な商品は沢山あるので「国産=安全、外国産=危険」とは言い切れません。理解しておくことで、選び方も選び方も変わってくると思いますよ!

この記事のURLをコピーする

よく読まれる人気記事